活動報告R4/06/11

令和4年6月11日(土)12時〜15時まで開催しました。
現場スタッフのささえびとは看護師2人体制です。
相談利用者は4人、爪切り2人、街中でお話ししたのは2人、保健室を見学に来ていただいた有資格者である看護師さん2人でありました。
令和4年6月11日ミニ四駆
雨の中でしたが、近くで様々なイベントや遊び(ミニ四駆など)が行われていましたのでにぎやかでありました。
地域の方から「おせっかいちゃん見てるよ〜」と言っていただき、ありがとうございます。
 
令和4年6月11日④
 
【団体説明】看護のココロとは?
この団体では運営メンバー現場スタッフ「ささえびと」は分けて、連携しながら活動しています。各活動の拠点地には、その地域の調整役としてご協力頂きながら行っています。現在の拠点地は2か所であり、八代市本町1丁目と坂本町で行っています。
 
運営メンバーは代表含め6人で行っており、代表は看護師でありますが、その他は地域づくりや災害支援、国際交流、ICTコンサルなど知識や経験、個性も豊かなメンバーで構成されています。
 
現場スタッフ「ささえびと」としては医療従事者や医療に携わる有資格者の皆さんがタッグを組んでボランティアとして、まちの保健室的役割の活動を続けています。
 
地域の中に気軽に(特に健康面)相談できる場を作ることで、心身ともに早期発見や病気の予防・重症化予防につながることができます。医療や福祉の目線から、地域が優しい社会となりその方がその方らしく、自分が自分らしく過ごせるようにお手伝いができたらと考えております。
 
今年度は組織としての基盤作りをするために、現在任意団体ですが、法人化とする予定で現在準備中です。
さらに良い活動と継続ができるように行っていきます。
 
ぜひ、この活動を支えてくれる…または共に活動してくれる地域の「ささえびと」募集しています。まずは気軽にお話をしに来てください。
→ささえびととは?「地域で活動する人材」です。地域に貢献したいという方がおられましたら、問い合わせしていただけますとお返事いたします。よろしくお願いいたします。
 
令和4年6月11日③
 
 
令和4年6月11日
 

看護のココロ

看護のココロ:やっちろ保健室のウェブサイトは法人化により上記リンク先に移動します